高速度通信可能なWiMAX2+、対応エリアも順次拡大中!

高速度通信可能なWiMAX2+、対応エリアも順次拡大中!

27 10月, 2016
tD22uBcgf
No Comments

 下り最大220Mbpsへの高速度通信が可能な通信規格がWiMAX2+です。現在ではモバイルデータ通信のスタンダードとして数多くの通信端末がWiMAX2+に対応しています。各社のモバイル通信のWiMAX2+料金プランもギガ放題プランなど、リーズナブルな値段でデータ通信量無制限のプランが充実しているのでユーザーにも人気です。
 通信速度の実測値も圧倒的な速さです。東京都内では羽田空港で137Mbps、秋葉原駅周辺146Mbps、東京駅で121Mbpsとなってます。地方都市でも北海道の札幌駅周辺64Mbps、広島平和大通り周辺63Mbps、福岡のヤフオクドームで100Mbpsと圧倒的な通信速度です。

 現在のスタンダードな通信規格だけに対応エリアも全国レベルで、ユーザーの増加に伴ってエリアは順次拡大中です。UQコミュニケーションズのホームページの「UQ Communications 速報!エリア拡充情報!」ではエリアの最新情報が日々更新中です。たとえば、2016年10月10日から10月12日間に拡充したWiMAX 2+エリアは全国で51カ所と急速に拡充しています。WiMAX2+のサービスエリアはUQコミュニケーションズのホームページで確認できます。特に便利なのがピンポイント判定。住所の番地単位でエリアを指定すれば利用可能かどうかも判定できます。

 WiMAX2+は交通機関の施設でも利用できるのがうれしいですね。JR地下駅は首都圏なら東京駅・新宿駅・池袋駅に上野駅をはじめ横浜駅・大宮駅で利用できます。地下鉄も都営三田線・大江戸線のほかに東京メトロの丸の内線や東西線で利用可能。空港も成田・羽田をはじめ新千歳から那覇までカバーしています。その他に複合ビルやショッピングセンターなどの屋内ビルで利用できます。その他にも地下街や大学キャンパスなどでも利用できるエリアが増えているので若い人にもうれしいですね。